medical&care「それいゆ」
医療と介護それから地域 つながる・価値創造
harmony

感染症看護専門看護師が教える、防護服の脱ぎ方・手袋の外し方

Bonjour!それいゆ編集部・瓜生です。
「それいゆ」では、神戸市立医療センター中央市民病院 感染管理室専従看護師の新改さんが、感染対策の情報を届けてくれています。

新改さんのご紹介はこちら

手指衛生や個人防護具を正しく着ける・外すことについて、皆様、正しい手順でできていますか?

新改さんによれば、自分自身が感染しないためにやるべき感染対策はいくつもあるけれど、手指衛生や個人防護具を正しく着ける・外すことも実は重要とのこと。

「頭で理解できていても、行動が伴わないことを経験したことのある人や見
かけた人は多いと思います。もう一度、手順を再確認してみてください。」

たしかに言われてみれば(いや、言われるまでもなく)防護服や手袋脱ぐときこそ注意が必要ですよね。
ちなみに今回は、手指衛生や個人防護具着脱の手技を再確認するために、わざわざ、「防護服の脱ぎ方」や「手袋の外し方」を実際に教えてくださいました。こちらのポスターは、神戸市立医療センター中央市民病院で推奨されている脱ぎ方を一部「それいゆ」用に加工して作ってくださったもの。大変重要なことですから、活用していただける方はどんどん活用してください。PDFでダウンロード可能にしています。


ABOUT ME
瓜生千鶴
WEB SOLEIL 管理人。ヘルスケア経営研究所広報を経てM&Cパートナーコンサルティング所属。ミッションは医療や介護の現場で働く方の活躍を全国に広めること。つながりのある方にスポットをあてたりステージを用意することが得意。医療機関経営者の取材実績は300件超。結婚を機にリモートワーカーへ。