medical&care「それいゆ」
医療と介護それから地域 つながる・価値創造
編集部コラム

経済産業省のホームページを散歩していたら、健康投資管理会計のパンフレットを見つけました。

健康投資という言葉をご存じですか?

たしかに、従業員の健康維持・増進に取り組むことで、医療費の適正化や生産性の向上が図られ、企業イメージの向上につながることがありますよね。働く従業員としても、自分が属する組織が、健康保持や増進や健康投資に積極的だとしたら、満足度は高くなります。結果として生産性の向上や組織の活性化をもたらす、ということは十二分に考えられます。

阻止の価値向上につながる健康投資、どうやれば?

経済産業省は、東京証券取引所と共同で、従業員等の健康管理を経営的な視点で考えている上場企業を「健康経営銘柄」として選定しました。国としても「健康投資」を加速させたい考えなのでしょう。企業等における健康経営の取り組みをさらに促進するため、2019年9月から「健康投資の見える化」検討委員会を開催しています。ここでは、健康投資やその効果の見える化に向けた検討を実施したり「健康投資管理会計ガイドライン」を策定したりしています。その中の一つが「健康投資管理会計」。これは、健康投資の実践ハンドブック。本来の投資のように、結果が数字で明確に表れない「健康」という数値にどうやってアプローチしていくべきか、戦略を示しています。

経済産業省ホームページより 2121/06/20確認

戦略マップ制作はアイディア出しの手段

経営の王道は、PDCAをいかにして回すか。このガイドラインもその流れに従ってできています。健康経営のPDCAを回す手順としては、「①戦略マップ」「②健康投資シート」「③健康投資効果シート」「④健康 資源シート」という4つのシートを順番通りに作成することを勧めています。戦略マップの描き方などは、別にエクエルシートも用意されています。

経済産業省ホームページより 2121/06/20確認

経営戦略を画餅としないために

それぞれの企業にはそれぞれ課題があります。ですから本来戦略もバラバラなはずですが、どこからから借りてきたような戦略フレームワークを使ってしまうため、経営戦略が画餅同然となります。ましてや「健康経営」となるとなおさらでしょう。「結果」が出なければ、投入した時間や費用はコストになります。ではどうすれば、このコストを投資とすることができるのか。それは組織がストーリーを持つことです。具体的には、「当社の定義する健康とは何か」や「健康と経営の関係」について、経営者や従業員、外部のステークホルダーが語れるようになることです。“戦略マップ”は、そのストーリー作りツールとして活用できると思います。

経済産業省ホームページより 2121/06/20確認

医療や介護業界は、一般の業界よりも健康に気を付けるべき業界です。ぜひちらりと見てみて、取り入れてみてください。

ABOUT ME
瓜生千鶴
WEB SOLEIL 管理人。ヘルスケア経営研究所広報を経てM&Cパートナーコンサルティング所属。ミッションは医療や介護の現場で働く方の活躍を全国に広めること。つながりのある方にスポットをあてたりステージを用意することが得意。医療機関経営者の取材実績は300件超。結婚を機にリモートワーカーへ。