medical&care「それいゆ」
医療と介護それから地域 つながる・価値創造
マーケティングコミュニケーション

3月にやるべきことは花粉症対策ではなく熱中症対策!シーズンカレンダーを作って慌てない広報活動を

広報活動は先取りが肝心です。8月にお知らせしたいことを7月から作り始めているようではとても間に合いません。花粉が飛び始めたからといって、3月に花粉症の広報物作りを始めても全く遅いですよね。

今ならどんな企画を…?

3月ならそろそろ熱中症に対する企画を考え始めてもいい頃です。

熱中症で倒れてしまったら、救急車で運ばれることになるかもしれませんが、事前のお知らせとしてはショートステイがあります。冷房設備をお持ちでない高齢者さん、お盆時期のレスパイト等のために、ショートステイのご提案をして在宅介護に貢献したい、とお考えのケースは、下記のようなスケジュールで進めてください。熱中症による死亡は、8月がピークですが、5月くらいから発生しています。

3月……企画

4月……作成

5月……広報開始(予約開始)

7月8月……サービス提供

厚労省「2020 年職場における熱中症による死傷災害の発生状況」より

地域の皆さんが適切な選択をできるかどうかは、皆さまの広報力にかかっています。

広報は、広告のようにすぐに結果が出るものではありません。地道で地味な活動です。何度も何度も繰り返しすることが大事で、そうすることで認知度があがります(ザイオンス効果)。また、医療機関や介護施設の場合は、お知らせする先は患者や利用者、家族だけでなく、連携先も含まれます。こちらは頻繁にアクセスできるわけではありませんので、タッチポイントを増やすためには、早めの活動が大事です。

ABOUT ME
瓜生千鶴
WEB SOLEIL 管理人。ヘルスケア経営研究所広報を経てM&Cパートナーコンサルティング所属。ミッションは医療や介護の現場で働く方の活躍を全国に広めること。つながりのある方にスポットをあてたりステージを用意することが得意。医療機関経営者の取材実績は300件超。結婚を機にリモートワーカーへ。