medical&care「それいゆ」
医療と介護それから地域 つながる・価値創造
マーケティングコミュニケーション

不器用な人でも、なんと!一瞬でできる(!)キャッチコピー制作術

「広報誌を作りましょう」と言うと、「文言が思い付かない」とか「文章力がないから(無理)」とおっしゃる方がいます。そういう方にお会いする度、(小説家を目指すわけでもないので、もっと気軽な形で取り組めばいいのに)と思ってしまうのですが、普段書き慣れてない方にとっては、「文を書く」と言うのは、とてつもなく高いハードルのようで「タイトルさえ思いつかない」と嘆く方も多いです。

そういった方は、キャッチコピーメーカーを使うのも良いでしょう。

キャッチコピーを自動で瞬時に生成

グーグルで「キャッチコピーメーカー」とググってみてください。結構いくつも出てきます。もちろん無料です。こうしたサービスを使っても、気持ちにドンピシャと合う明文(名文)が出てくることはあまりないのですが、「ああ、こういう風に決めればいいのか」とアイディアを決める参考にはなります。「3人集まれば文殊の知恵」と言いますが、それをたった一人でやる感覚です。

簡単な言葉を入力するだけで「コピーメカ」

「コピーメカ」http://www.copymecha.com/

実は私も結構使います(笑)
ちょっとやってみましょう。今回は、商品やサービスの一般名を「介護」で消費者がする行動(動詞)を「選ぶ」、お店の名前を「それいゆ」にして、何かのコピーを考えてもらいました。

その結果、出てきたコピーは、以下の7つでした。

  1. 好きなこと続けていたら介護やっていました
  2. がっかりな介護と言われて、私の人生は変わりました。
  3. 前回と同じ介護でいいんですか?
  4. 介護を選ぶ前に知っておいて欲しいこと
  5. 追伸。そろそろおまえもそれいゆを選ぶように。 母より
  6. ニューヨーク近代美術館に収蔵してほしいくらいの介護です
  7. それいゆという名前に込めた思いを語らせてください。

「介護」というテーマがやや大きすぎたかもしれません。

これを「デイケア」というテーマに絞り、少し手を加えれば、3や4、あるいは7くらいなら使えるかもしれませんね。やってみましょう。

前回と同じ介護でいいんですか?」→「以前と同じデイケアでいいんですか?」

介護を選ぶ前に知っておいて欲しいこと」→「デイケアを選ぶ前に知っておいて欲しいこと」

↑これなんかそのまま使えますよね(笑)

「それいゆという名前に込めた思いを語らせてください」→「それいゆという名前に込めた、デイケアへの思いを語らせてください」

↑施設長のあいさつ文などのタイトルにどうでしょう。

料理名のキャッチコピーに特化したサイト

栄養科の人にオススメなのは、行列のできる繁盛飲食店 売れる料理名キャッチコピーメーカーです。

今回は「桜餅」について「幸せ」なキャッチコピーを考えてもらえました。一度目の作成では、「もっと、もっと、桜餅」や「恋する桜餅」など、医療や介護業界には不向きなものが多く出てきました。そこでもう一度同じキーワードで作成すると(何度でも作成でき、毎回違うコピーが生成されます)、今度は、次のような候補が出てきました。

  1. チャンス桜餅
  2. 幸せ気分桜餅
  3. 味わい尽くし桜餅
  4. 楽しさいっぱい桜餅
  5. 男は度胸、女は桜餅
  6. 笑顔はじけ桜餅
  7. マジカル桜餅

時と場合によりますが、5と7以外は使えそうです。

「この程度のキャッチコピーなら考えつくよ」という方もおられると思いますが、ジェネレータのすごいところは、こうした案を「瞬時」にいくつも出せること。限られた時間内で効率的な広報物を作るために、選び方の参考や発想のトリガーとして活用してください。

ABOUT ME
瓜生千鶴
WEB SOLEIL 管理人。ヘルスケア経営研究所広報を経てM&Cパートナーコンサルティング所属。ミッションは医療や介護の現場で働く方の活躍を全国に広めること。つながりのある方にスポットをあてたりステージを用意することが得意。結婚を機にリモートワーカーへ。