medical&care「それいゆ」
医療と介護それから地域 つながる・価値創造
編集部コラム

Zoomかmeetか。新しもの好きの編集チームでいろいろ試しています。

Bonjour!それいゆ編集部です。

コロナを契機に、「それいゆ」編集部もリモートワークを取り入れました。それに伴ってオンライン会議にも挑戦しています。Zoomやwebex、Google Meet、チャットワークなどいくつかの手段を試していますが、どれも、「仕事は会社でするもの」あるいは「取材は対面で」という固定観念を吹き飛ばす手軽さで感動します。基本的に取材先の指定するサービスを使っていますが、今のところZoomを指定されることが多いようです(勉強会のや読書会の類は圧倒的にZoomが多いですね!)

ついつい気になるGooglemeet!

Googleなので、その他のアプリとのリンクが期待されます。GmailはじめGoogleアプリのヘビーユーザーとしては、やっぱり今後の連携が楽しみです。それに、すでに英語版ではリリースされているというmeet機能の1つ「自動文字起こし機能」が楽しみなのです。Googleの音声入力の正確さを知っているので否が応でも期待が高まります!GoogleのAIは学習能力も際立っていますから、何度か会議をしていれば、難しい専門用語の間違いも少なくなるでしょう。

編集部は音声入力に相当お世話になっています。

そうなんです!Googleの音声入力はとても優秀です。この原稿ももちろん音声入力で書いています。やり方は人それぞれですが、私は、スマートフォンでGoogleドキュメントを立ち上げ、スマホに向かって話す形で文字化しています。ただ、音声入力がいかに優秀でも些細な修正はいくつも生じますので、同期されているPC画面を見ながら、タイピングで直すという…。慣れていない人は「何そのやり方?」と思われるようですが、一度ぜひやってみてください。便利すぎて文字入力に戻れません!

音声入力がオンライン会議でできるようになると?

現状でもオンライン会議は録画できますし、音声だけをピックアップすることも可能ですが、もし、文字起こし機能が搭載されれば、文字データも同時に出来上がってしまうってことです。オンラインで取材したとして、終わった時には文字データも出来ているって!すばらしいです。

ABOUT ME
瓜生千鶴
WEB SOLEIL 管理人。ヘルスケア経営研究所広報を経てM&Cパートナーコンサルティング所属。ミッションは医療や介護の現場で働く方の活躍を全国に広めること。つながりのある方にスポットをあてたりステージを用意することが得意。結婚を機にリモートワーカーへ。