medical&care「それいゆ」
医療と介護それから地域 つながる・価値創造
現場リポ

訪問看護ステーション紹介動画が届きました!





Bonjour!それいゆ編集部です。

2019年5月号で取材させていただいた福岡県北九州市の訪問看護ステーション プーラビダ 浦濱 広太朗社長から素敵な動画が届きました。

  • 訪問看護ステーションの役割は?
  • ICTの導入について
  • 接遇の心構え
  • 在宅ケアについて
  • 病院と訪問の違い
  • 余命僅かな方との思い出

などなど素敵なお話がいっぱい。訪問看護っていいなあと思える動画です。自院のブランディングとしても参考になると思います!ぜひご覧ください。

訪問看護ステーションの社長がなぜ発信するのか。

浦濱社長は、「医療業界のあらゆるデータやノウハウを、各関係者が共有することが、社会をよくする本質である」と語られます。そのために、YouTubeやnoteを使い、無料で訪問看護ステーションの経営のノウハウを提供しています。

発信する浦濱社長は吸収することにも貪欲です。最近では、Globis経営大学院の単科生として、経営について学び直しもされていす。そこでは人材育成に関すること、考える力を身につけること、お金について、データの取り扱いについて、、、いろいろな学びばれている模様。

読書量もすさまじいです。
「本を読むことで自分が知らないことを知り、視野が広がったり、レベルアップすることができる」と隙間時間を縫っては読書を重ね、良い本に出合えば、読書会を開くなどして周囲にシェアされています。

こうして得た知見は、また経営に活かされいます。たとえば、社長が経営する訪問看護ステーションは、早い時期からICTを導入し働き方改革を推進されています。その取り組みは、ステーションがある北九州市だけでなく全国からも熱い注目を集め、NHKでも取材されました。そうなるとより良い人材が集まりやすくなり、サービスはますます充実、経営は盤石になっていきます

ABOUT ME
瓜生千鶴
WEB SOLEIL 管理人。ヘルスケア経営研究所広報を経てM&Cパートナーコンサルティング所属。ミッションは医療や介護の現場で働く方の活躍を全国に広めること。つながりのある方にスポットをあてたりステージを用意することが得意。結婚を機にリモートワーカーへ。