medical&care「それいゆ」
医療と介護それから地域 つながる・価値創造
経営チェックポイント

オリンピックを見ながら「老害」について考えた話

感染拡大の最中、オリンピックも実施されました。

日本人アスリート、ボランティアの活躍はめざましいものがあり、感動したものの、当然のように、コロナ禍はますます炎上し収束せず拡大の一途をたどっています。

ただ、組織委員会(IOC、JOC)、東京都、政府の行動が感心できたでしょうか?

私は、まるで日本の組織の問題点が露呈したように思えました。アスリート達の活躍が素晴らしかっただけに、残念な想いです。

若いアスリートは、自由且つ自己の楽しみを謳歌していました。「スポーツを楽しむ」彼らの意識に、時代の変化を感じ、各種委員会等の皆さんの「昭和を引きずっている感」に胸が痛む思いでした(私も昭和生まれです)。

「老害は引っ込め」

去らないのであれば責任は年寄りが取り、権限は若い人に与えるという循環が必要ではないでしょうか。

もちろん、年齢を重ねていても素晴らしい人はたくさんいます。

しかし、変化についていけなくなったら、循環を考えたほうがいい。経験値だけでしか語れないリーダーは、時代のスピードについていけるはずがないのです

(持ち上げてくれるような人はついてくるかもしれませんが…)。

ABOUT ME
mcpc
\それいゆ執筆陣/ 佐々木直隆、岡伊津穂、中林梓、長幸美、納見将志、岩尾篤、石井洋、福田幸寛、新改法子